街が好き!人が好き!だから楽しい!

ミッドレディ通信

週2回自分の街を歩く習慣

ミッド北海道を支える
札幌市内約1600人のミッドレディ。
生の声が聞けるミッドレディ通信!

レディだより

新着レディだより

2021.09 白石区本通地区担当 貴実子さん

ポスティングを始めたきっかけはママ友から勧められて話を聞き、子供の学校のPTA活動や行事に参加しても無理なく仕事ができるところが良いなと思い始めました。
仕事も自分なりに工夫しながら出来るようになり、かなり慣れた頃、家庭の事情でミッドを一度辞めることになりました。
辞めてからしばらくした時に近所のスーパーでばったりリーダーさんに会いました。そこでリーダーさんよりレディさんがお休みした時などのお手伝いでもいいからまたポスティングをしてみないかとお誘いをいただきました。お手伝いの形から再びポスティングを始めて、今現在、一つのエリアをまた担当することができるようになりました。
辞めている間、歩く習慣がなくなり健康面に少し不安を感じていました。自分には歩く習慣がつくポスティングが必要だと実感しました。
これからも明るく優しいリーダーさんに感謝して続けていきます。

2021.08 豊平区美園地区担当 弘恵さん

地域に貢献したくポスティングの仕事をはじめました。一生懸命続けていると立ち話する親しい方もできました。私の体調を気遣ってくれたり、子どもの成長なども話すことができる温かい人が多いエリアです。その中の一人に私がポスティング中に失敗したことによって親しくなった方がいました。
そのお宅のポストは玄関フードの中にありました。投函の際、置物を倒してしまい慌ててインターホンを押して謝罪しようとしたのですが、その時は留守であったため、すぐリーダーさんに伝え会社に連絡をとってもらい対応していただいたことがありました。
後日、私もその方にお会いし、直接お詫びすることができました。その時、とても優しく労いの言葉までかけてくださり気が引き締まったのを今でも覚えています。
それからもお会いするたびに声をかけてくださり、倒してしまった置物は今でも上手に飾っています。それを見るたびに少し歩き疲れた気持ちがリセットされます。これからも人のつながりを大切にして頑張っていきたいです。

2021.07 清田区北野地区担当 静子さん

「健康のため」と軽い気持ちでポスティングを始めたものの実際配布してみると、キツいし、寒いというのが初日の感想。その頃の私は歩く習慣がなかったのでそう思ってしまうのも仕方ないですよね(笑)あれから二年半が経ち、配布をきっかけに歩くことに抵抗がなくなり、始めたころより体力もついたのでお手伝いで件数を増やすこともできるようになりました。また、チラシの種類が多いときなどはエリアの周り方を変えるなどして自分なりに工夫をしながら配布しています。
ポスティングは天候に左右される職種ですが、自分で配布時間を調整できることが、これまで続けられた理由のひとつです。
コロナ禍でマスクをしながらの配布は息苦しいですが、来年の今ごろは収束できることを願ってレディの皆様頑張っていきましょう。

ミッドの日常

コッシー

会社の前の道路脇に植えたお花

お孫さんの1歳のお誕生日!

ミヤマカケス

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ